2006年09月27日

小学校英語必修化はナンセンス

小学校英語「必修化の必要なし」 伊吹文科相

中央教育審議会が検討している小学校英語の必修化について伊吹文明文部科学相は27日、産経新聞など報道各社のインタビューで「必修化する必要はまったくない。美しい日本語が話せず書けないのに、外国語をやっても駄目だ。子供のころからやりたい人は個人的にやる。小学校は外国語に興味を持つ程度にとどめるべきだ」と話し、必修化の必要性を否定する見解を示した。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

もう少し考えてはどうか〜小学校での英語必修化(中教審の提言)〜

小5から英語を必修化 中教審部会が提言

小学生に英語を学ばせるかどうかについて検討してきた中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の外国語専門部会は27日、5年生から週1時間程度を必修化する必要がある、との提言をまとめた。社会のグローバル化の進展に加え、すでに小学校でゲームや歌などを通じて英語に触れる「英語活動」が9割以上の公立小学校で実施されている実情を踏まえた。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 23:07| Comment(2) | TrackBack(12) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

中国人は韓国人に片想い?〜高校生意識調査の結果について〜

先週財団法人日本青少年研究所から高校生の意識調査結果が公開されました。メディアやブログで様々な考察,論評がなされておりますが,単純集計結果についてちょっと視点を変えて見てみると意外と面白いので,今夜は,私の勝手な論評を書き連ねてみます。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

学校を選ぶ基準〜国際性?〜

高校や大学は行きたい所に,かつ入れるところにという観点で選ぶのはごく当たり前の話です。しかしこの少子化時代,学校経営側もあの手この手と入学志願者集めに奔走します。そりゃぁ死活問題ですからね。受験生側から見ても,私の頃(何年前や?)とは違って今はそれほど競争倍率も高くなく,選択の幅も広くなっているように思います。学校を選ぶ際どういう視点で見れば良いかということを考えるとき,朝日新聞のこの記事は一つの題材を与えてくれます。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 13:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

中教審の審議経過報告について

先日文部科学省から学習指導要領の改訂の原案が出され,一昨日,中教審の審議報告書が示されました。報道がいろいろあって私は混乱してしまったので一度ここでまとめてみたいと思います。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

はじめに言葉ありき

パソコンの画面を直接映写して講演する姿は今となっては普通になった。動画でさえそれほど難しい話ではない。講義で多用される先生方も多いことだろう。学生からの評判も良いという話を伺ったことがある。明るくて見やすくて,綺麗だ。何といっても,伝えたいイメージを映像として表現できるし,聴衆にとっても理解しやすいのは良いことだ。


続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

センター試験〜教科書の記述が間違っていたという問題について〜

今日はもう一件。この記事に触れておかなければならない。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

信頼することとは・・・

のっぽさんといえばかつて教育テレビの「できるかな」に出ていたあの人。ふんほーふんほーと喋る(?)のはごんた君。後ろの声は,つかせのりこさんでしたか。懐かしいなぁ。その,のっぽさんこと,高見映さんが先日朝のラジオ番組に出ていた。たまたま車を運転しながら聴いていたのたが,のっぽさんの言葉にふと思ったことがある。今日はそこから話を広げてみる。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

工学倫理教育についての模索

マンション強度偽装の話は,技術者の倫理をテーマにするとき語られ続けるのだろうか。例えばあの「チャレンジャー号の事故」のように。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。