2006年09月12日

お名前は悠仁さま

お名前「悠仁」 親王さま命名の儀

6日に誕生した秋篠宮家の男子のお名前が「悠仁(ひさひと)」に決まり、12日午後、紀子さまが入院されている東京都港区の愛育病院で「命名の儀」が行われた。身の回りの品に付ける「お印」は、日本固有の常緑高木の「高野槇(こうやまき)」に決定した。命名の儀は、一般のお七夜に当たる皇室の伝統儀式。

宮内庁によると、「悠」の字には、ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでほしい、との願いが込められている。お印の「高野槇」は「まっすぐに育ってほしい」とのご夫妻の思いから、日本固有の直立の木にした。

お名前とお印はご夫妻で話し合い、お名前については天皇、皇后両陛下にも相談し、先週末から11日までの間に、最終的に秋篠宮さまが決められた。

宮内庁では7月から男女それぞれのお名前を検討、過去の天皇や皇族と重ならないようにした。男子誕生後は、国文学者や漢文学者の意見も交えて、3つの名前を候補に挙げたという。

命名の儀は午後3時半から行われた。秋篠宮さまが毛筆でお名前の「悠仁」、お印の「高野槇」とそれぞれしたためた和紙を、ご夫妻が順に確認された後、宮務官が白木のきり箱におさめて、悠仁さまの枕元に置いた。和紙はいずれも皇室の重要行事に使われる「大高檀紙(おおたかだんし)」と呼ばれる厚手の紙。

お名前は官報で告示された後、天皇、皇族の戸籍に当たる皇統譜に登録される。宮内庁長官らが署名する。

名前に「仁」を付けるのは、平安時代以来の慣習。高野槇は「高野の六木」などとして有名で、皇居の宮殿近くや秋篠宮邸がある赤坂御用地内にもある。

(2006年9月12日 15:54 産経新聞)



お名前が決まりましたね。

「悠」の字には、ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでほしい、との願いが込められている。お印の「高野槇」は「まっすぐに育ってほしい」とのご夫妻の思いから、日本固有の直立の木にした。

本当にいいお名前だと思います。「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩む」という言葉に、私ははっとしました。

何かにつけ近視眼的になりがちな昨今、以前にも増して厳しい競争が強いられ、仕事においてもすぐに結果を求められることが多く、時間的にも精神的にも余裕を見出すのはなかなか大変です。

私は地方大学に勤めておりますが、旧帝大や首都圏の大学に比べればどうしてもその競争力に劣る分、大変厳しい現実があります。もちろんある程度の競争は必要なのですが、良い研究を生み出すためにも、大きく構えられるだけの、全体的にもう少し余裕があっても良いだろうと感じていたところでした。まぁ、お名前の由来とは直接関係のない話ですが・・・。

「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩む」。本当に、良いお名前と思います。
posted by ippei_kagurazaka at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23670392

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。