2006年08月01日

49代表が出揃う〜夏の高校野球〜

いよいよ今月6日から甲子園開幕。
今日は最後の出場校が決まりました。

宮城大会 仙台育英6−2東北


昨日も気になってニュースを見ていたのですが、延長15回で0−0。翌日再試合。梅雨明け前の仙台はほかの土地に比べて涼しいとはいえ、さすがに連投は大変だったでしょう。直接試合を見てはいないのですが、スコアを見る限りでは8回表を終わった段階で3−2ですから、緊迫した好ゲームだったと思います。8回裏のダメ押し3点で試合が決まったのでしょうね。「みんなを信じて投げた」という佐藤投手の言葉がなんとなくジンときます。

かつてはダルビッシュ擁した東北高校、大越擁した仙台育英、ともに決勝まで進んで悔し涙をのんだ。今年こそはという気持ちはやはり仙台の人間として当然です。

「熱い」夏を期待したいですな。
posted by ippei_kagurazaka at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21797208

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。