2006年06月14日

楽天は強くなった?

いや〜。勝ちました勝ちました。今期三度目のサヨナラ勝ち!今夜は気分が良いです。最後は沖原が決めてくれました。打った瞬間、私は思わず抜けてくれーっと叫んでしまいました。それにしても沖原選手は、せっかくお立ち台に登ったのに相変わらず地味ですなー。

一方、阪神久保田はその不器用さという悪い面が出てしまった感じがしました。ウィリアムズは右打者に打たれる。阪神サイドからすれば、本当に安心して送り出しているかどうか。本音はハラハラドキドキといったところかもしれません。終盤の緊迫した場面で、送りバントは決められないわ、10回裏もあれよあれよという間に無死満塁。まるで弱かったころの阪神を見ているようです。

一方、野村監督が率いるチームというのは、ヤクルトの監督時代からの印象として、こういう地味な選手が地味に堅実に仕事をするというシーンが多いように思いますが、気のせいですかね。

いずれにせよここまでチームの粘り強さが見えてくると、リードされていても終盤に何かしてくれるかもという期待を持たせてくれる分、応援のしがいがありますわ。
posted by ippei_kagurazaka at 00:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19237848

この記事へのトラックバック

No.335:買出し
Excerpt:  おはようございます。プロ野球の交流戦も、いよいよ終盤。ここにきて、あの東北楽天ゴールデンイーグルスが乗っています。フェルナンデスが四番の仕事をしており、「あきらめない」という意識が全員に芽生えてきて..
Weblog: !? びっくり&はてな
Tracked: 2006-06-14 06:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。