2006年03月22日

夢と感動をありがとう!王ジャパン 世界一!〜日本代表WBC制覇〜

9回裏,大塚が最後の打者を空振りの三振で仕留めた瞬間,こみ上げる涙を押さえることができませんでした。

ほんとによかった。勝って良かった。「野球の神様」は確かにいるのですね。


昨日の試合は技術的にどうというよりも,それを超越したチームの総合力がモノを言うレベルだったのでしょう。

あの名手川崎がまさかのハンブル。日の丸を身に付け,世界一が手の届くところまで来てからのプレッシャーは,もはやボールが手につかない状態にまで達していたのかも知れません。それでも,7回裏無死一塁,川崎が,またまたお手玉した球をそのままトスして西岡へ,さらに小笠原へ送球されダブルプレー成立。キューバにじりじりと追い詰められていた局面で,このフォローアップというか,見事な連携でピンチを凌いだプレーには鳥肌が立ちました。

これぞ野球の醍醐味という感じがします。


それにしてもキューバは強かった。それは誰もが認めるところでしょう。
1点差まで詰め寄られたときには,まさか・・・と思いましたからね。

6回,キューバは必ずしも渡辺の球を捉えていたわけではなかったけれども,川崎のエラーをきっかけにチャンスを広げて得点に結び付けてきたあたりはさすがです。しかし,7回,日本の二つのエラーにもかかわらずチャンスをモノにできなかった。8回に藤田からのツーランで1点差まで詰め寄ったものの,結果的に7回裏の拙攻は致命的でした。

9回表の日本の4得点は,まさに勝負を決めたダメ押し。最後の最後で打線もつながって,最高の終わり方でした。

そして試合後の日本,キューバ両チームの選手が互いに健闘を称え合う姿は,まさに「王者」同士の風格を感じさせるものでした。

そして惜しまれながらも,チームは解散。かっこいいじゃないですか!

「日の丸を身につけて戦うことをうれしく思って戦った。選手はよくやってくれた」(王監督:帰国後の記者会見で)


本当にありがとう!王監督をはじめ日本代表チームのメンバーに心から感謝です。




それにしても「野球の神様」はいるのですね。私はそう信じて疑わない。


高校野球ではよく見る光景。グラウンドに入るとき・出るとき,必ず挨拶をする。

野球人にとってグラウンドは神聖な場所なのです。

そういう視点から見れば,デービッドソンや韓国チームの行為はあってはならないもの。

デービッドソンが下した二つの誤った判定はいずれも審判の権威を自ら貶めるもので,真実を知る野球の神様につばを吐く行為です。

また,マウンドに太極旗をぶっ刺すなど言語道断。同じことを甲子園でやらかしたら,ということを想像すれば分かりやすい。日本国中からもっと激しく非難されていたことでしょう。由緒あるヤンキースタジアムでも同じかもしれません。

いつだったか,ベンチから敬遠の指示を受けた上原が悔しがってマウンドを蹴った。後に,敬遠が悔しいのには変わりないが,神聖なマウンドを蹴るべきではなかったと猛省していたことを思い出します。


ところで,ブログ更新をしばらくサボっていたこともあり,ワシントンポストをはじめ一部の米国メディアもゴチャゴチャ言っているのでここで準決勝にも触れておきたいと思います。


韓国チームは確かに力がありました。ただし,肝心なところでのもう一歩が足りなかったし,他のブログでも指摘されているようにいろいろな意味で未熟でした。

準決勝。先発上原の投球は危なげなく,韓国の選手はまったくと言っていいほどボールを捉えることができませんでした。はっきり言えば甘い球が1球もなかった。ピッチングの組み立てもさることながら,やはり左右高低のコーナーに散らす制球力が,相手に付け入る隙を与えなかったと言えます。

4回,5回,日本の攻撃陣が徐々にボールを捉えはじめていた一方で,韓国チームは大振りが目立っていました。一部の報道では韓国チームの打撃で大飛球だとか良い当たりが好守に阻まれたという言葉でいかにも韓国が押しているかのように書いていましたが,私が画面で見た限りでは韓国の打撃陣はほとんどタイミングが合っていませんでした。


そして迎えた7回。松中のライト線へのヒット。二塁へのヘッドスライディング。左手でベースをたたいてよっしゃ〜!という気合の入りようが日本チームの闘志を象徴していたかのようです。

1アウトから代打福留登場。1−1からの3球目,真ん中やや低めの甘〜い球。福留にしてみれば,キター(☆0☆)絶好球!会心の当たりは大きな弧を描いて右中間スタンドへ!まさに好球必打。プロの選手はすごいですね。

一方打たれた右下手投げの韓国の投手は肝心なところでのまさに痛恨の大失投。それまでの2球は内と外,いいところに行っていただけに3球目を放った瞬間,シマッタ!という感じだったしょう。

このぐらいのレベルになるとまさにその1球が命取りなのですな。

韓国が未熟だというのは,その1球の大切さが分かっているかどうかということ。後でも述べますが,今になって勝ち数がどうだとか,日本に二つ勝ったから我々の方が強いとか,そういう主張が出てくること自体,未熟なのです。

まぁそれ以上に,やはりあの1球を逃さなかった福留はスゴイ!アジアラウンドでのイ・スンヨプもそうでしょ?

あとはあのピッチャー,何を思ったか次の小笠原にぶつけた。故意なのか,精神的な動揺が球離れ(リリースポイント)を狂わせたのか分かりませんが,前者なら言語道断。問答無用で退場。というかぶつけているヒマなどなかったはず。故意だとすれば野球を知らないんでしょうね。後者なら,それが精神的動揺を示すサインだったのでしょう。いずれにしても韓国側はすかさず交代を告げるべきでした。

韓国は6回の始めにサッと投手交代しましたが,4回,5回の日本側の打撃陣がボールをとらえ始めたことを察知しての早めの対応だと私は思っていたので,7回の出来事は,もしかしたらベンチも冷静な判断ができなかった結果なのかも知れません。

そうやってぼやぼやしている間に3点目が日本に。ここで決まりましたな。先の日本戦2勝をチャラにする大失態です。もはやク・デソンがいようがいまいが,回も終盤ですし,誰が出てきても流れを変えるのは至難です。韓国の選手層の薄さが露呈したともいえるでしょうが,これが野球です。


さて,そこでいろいろと言われているのが,韓国はリーグ戦含め6勝1敗。日本は5勝3敗だった。日本は韓国に二つ負けている。なのに日本が世界一というのは不公平ではないかという論調。それから同率で並んだ場合は失点率で順位を決めるというルールは良くないという主張。

私は,いずれも野球を知らない人間の屁理屈のように思います。

まず前者について。この大会は,始めの2ラウンドがリーグ戦で上位2チームを選出,準決勝・決勝は一発勝負という極めて常識的なルール。この際,勝敗の数だけで話を進めようとすること自体,ルールを無視した暴論です。

ルール自体を否定する論調もありますが,再考が必要なのはせいぜい2次リーグ,準決勝それぞれの組み合わせの決め方が不透明であったこと。あとは球数制限でしょうか。それ以外は常識の範囲内。

一方,失点率については,順位を決める上で投手力・守備力を含めたいわゆるチームの防御力を競うということであって,攻撃と守備からなる野球というスポーツの性質を反映した非常に良い尺度なのです。

2−1の試合と10−9の試合を並列にして議論するメディアが一部にありますが,野球を知らないのでしょうね。

posted by ippei_kagurazaka at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15297169

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。