2006年03月03日

「トゥーランドット」と「ユー・レイズ・ミー・アップ」

我らが「女神」しーちゃんこと荒川静香さんが一日の夜のすぽるとで

「楽しく 華やかに 世界一輝いていたい」    ・・・だったかな?

と色紙に書いて披露した。私は荒川さんにはいつまでも「楽しく 華やかに 世界一輝いて」いていただきたいと思っております。

さて,巷ではあの「トゥーランドット」が大人気だとか。


荒川「トゥーランドット」が緊急発売

トリノ五輪の女子フィギュアで金メダルを獲得した荒川静香(24)が、フリーの演技で使用した楽曲「トゥーランドット」が携帯電話の着うたで音楽配信され、2日間で1万ダウンロードを記録した。クラシック作品としては異例の数字で、同曲を収録したCDが4月に緊急発売されることも決定した。
「トゥーランドット」はイタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニの遺作オペラで、荒川が使用したのはこれをバイオリン・ソロにアレンジしたバージョン。英国の女性バイオリニスト、ヴァネッサ・メイの演奏で97年にCD発売された。現在は生産がされておらず、荒川が金メダルを獲得した時点でレコード各店の在庫も品薄状態で、入手困難な状況にある。
このため、発売元の東芝EMIは英国のEMIに許諾を取って配信サービスに着手。国内最大手の着うたダウンロードサイト「レコ直」などで、2月28日午前5時から配信を始めた。1日正午までに1万を超えるダウンロードを突破。勢いは止まりそうになく、2日には3万件に達する見込みという。
通常CDが1万枚売れれば大ヒットとされるクラシック界では、異例の反響。東芝EMIも「ある程度の人気は予想していたが、これほどまでとは思わなかった」と驚きを隠せない。
同曲を収録したアルバム「チャイナ・ガール」を2月24日に生産再開、週明けにも店頭に並べる。また、この勢いにのって、同曲を入れた新作CDアルバム「トゥーランドット〜フィギュア・スケート・ミュージック(仮)」を企画し、4月初旬に発売することも決めた。フィギュアにちなんだコンピレーションアルバムで、荒川のライバル、イリーナ・スルツカヤが演技で使用した楽曲なども収録予定。歴史的金メダルの余熱は、音楽界でもまだまだ続きそうだ。
(スポーツニッポン 2006年03月02日付)



なるほど。「トゥーランドット」は心に残るいい曲ですよね。私は,エキシビジョンの時に流れていた「ユー・レイズ・ミー・アップ」も大好きです。誰かの結婚式でも聴いたかも知れませんが,気のせいでしょうか。

iPodユーザーの方は参考までにこちらもどうぞ。
懐かしの名曲を探せ!(第19回)〜トリノ五輪<2> 荒川静香のあの曲を探せ!の巻


ところで,先日のエントリーでトリノ五輪でのフィギュアスケートの演技をかなり画質の良い映像で見ることができるJAPAN SKATESをご紹介いたしましたが,私はとにかくサウンドが良いことに驚かされております。放送されたものでも,バックに流れる曲や「君が代」もボリューム満点で聴くことができたのですから,パラベラ競技場ではさぞ工夫された演出を堪能できたのだろうと想像しています。


読売新聞にはその音響や製氷を担当する裏方を称える記事がありましたが,放送にまで反映したいたのだとすれば思わぬ波及効果といったところでしょうか?



荒川「金」の陰に…製氷・音響、地元裏方の協力

日本フィギュアチームは今回、トリノから約100キロのクールマイヨールで合宿を張っていた。
合宿のリンク製氷担当者は、本番リンクも兼務していて、日本選手はトリノ入りまでほぼ同じ氷で滑り込むことができた。これだけでも作戦は大成功といったところだが、音楽係らスタッフも同じメンバーだったことも、荒川の金メダルを“アシスト”してくれた。
女子フリーに備えた練習の中で、日本の城田憲子監督は、荒川が使うCDの音量がやや低いと感じた。フィギュアでは、音楽の迫力も演技を手助けするもの。そこで、「少し、音量を上げてほしい」と、顔見知りのスタッフに頼み込むと、ふたつ返事で要望に応えてくれた。
荒川が使った「トゥーランドット」は、世界的なテノール歌手パバロッティが開会式で熱唱したイタリアが誇る名曲。審判団の高い評価、客席が立ち上がって送った大喝采(かっさい)は、地元“応援団”の小さな協力も影響していたかもしれない。
(2006年2月25日 読売新聞)



まぁ,それ以上に,「みんなの金メダル」と言った荒川さんはやはり素晴らしいですね。

〜ちょっと頭の休憩室〜では,荒川静香さんへ今後も最上級の賞賛をお送りすることと思いますが,記事を書く私が仙台出身ということでどうかお許しを。
posted by ippei_kagurazaka at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14063633

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。