2006年02月17日

今朝の産経新聞一面の記事に思うこと

女性・女系天皇 「容認」2年前に方針 政府極秘文書で判明

内閣官房と内閣法制局、宮内庁などで構成する政府の非公式検討会が平成十六年五月、女性・女系天皇容認を打ち出していたことが十六日、産経新聞が入手した極秘文書で明らかになった。文書には、有識者による懇談会立ち上げなど皇室典範改正に向けた手順を示した部分もあり、小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)の設置や論議の方向性は、非公式検討会の筋書きに沿って進められたとみられる。

中心的な文書は、将来の皇位継承制度改正に向けた「検討課題」と、十六年五月十日付の「皇位継承制度のこれからのあり方について」だ。「検討課題」は宮内庁と内閣官房、政治学者らによる水面下の研究会が九年四月から開始されたことなど検討経過も記録している。「皇位継承制度」の文書は具体的な改正点に言及している。

こうした文書によると、「皇位継承資格を男系の男性に限定する現行制度では、象徴天皇制度が維持できず、皇位継承資格を女性にも認めるべきだ」と指摘。男性に限定しない理由としては「国民意識は女性が皇位に就くことを認めている」「歴史上、女性天皇が存在する」ことなどを挙げている。

また、男系に限定しない理由としては、「国民は、皇位は男系でなければならないと考えていない」「男系維持のために養子制度を導入したり非嫡出子に皇位継承資格を認めることは、多くの国民の理解を得ることは困難」などを挙げている。

いずれも国民意識を根拠としており、「国民の理解と支持」を強調した有識者会議の報告書と論理展開が似通っている。

ただ、文書は皇位継承順位に関しては「『長男優先』と『長子(第一子)優先』の二つの考え方がある。いずれの案をとるべきかについては、国民意識を見極めて総合的に判断すべきだ」として結論を出していない。この点は、「制度として分かりやすい」として長子優先を打ち出した有識者会議と異なっている。

文書はこのほか、「皇族の範囲」「女性天皇および女性皇族の配偶者および婚姻に関する制度」「皇籍離脱に関する制度」「皇室経済制度」などの検討が必要と指摘している。有識者会議の報告書も、これらを論点として取り上げている。

非公式検討会発足時のメンバー(内閣官房副長官)で、「皇室典範に関する有識者会議」委員も務めた古川貞二郎氏の話「当時、副長官として(皇位継承問題の)勉強はしたが、あくまで勉強だ。研究会で何かをまとめ、結論を出したということはない。有識者会議は白紙で議論した」


関連報道:日経新聞2月17日付 女性・女系天皇「過去に準備の勉強」・官房長官


結局,有識者会議なるものはおろか,その座長であった吉川弘之氏など政府にとってはどうでも良い人間だったということか。東大元総長だとか学術会議会長だとかいう肩書きと経歴で民衆を騙そうと,いわば「劇場のイードラ」のようなもの画策したのだろうか。いずれにしても「本来」の識者から「何の権威も持たぬ素人集団」だと一蹴されることで吹っ飛んだ。というほどの事ではないが,上の記事のように古川氏が何と言い訳しようがかつて民青の一員だった吉川氏がこの後どうケリをつけるのか見ものである。

あるいは革命というものがまさに実行されようとしていたのだろうか・・・。



参考記事:
徒然草・早島版 皇室典範に関する有識者会議の吉川議長は若い頃民青の活動家であった。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成18年1月26日(木曜日)通巻1368号 


↓クリックお願いします
人気blogランキング
posted by ippei_kagurazaka at 23:03| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13408495

この記事へのトラックバック

知らずして言うは、不智なり 知りて言わざるは、不忠なり
Excerpt: 女系天皇容認 極秘文書 「結論ありき」濃厚に 有識者会議も「手順」通り  「皇室典範に関する有識者会議」が発足する七カ月も前に、政府の非公式検討会は女性・女系天皇を認め??
Weblog: 或る浪人の手記
Tracked: 2006-02-18 03:06

女系天皇問題でなぜ側室制度が復活しないのか考えてみる
Excerpt: どうもこんばんわ!。 白状しますと、私は天皇制に関しては「左寄り」の人間であります。 インターネットをやってる環境ではありますから、そういう「天皇擁護論」はいろいろ目を通しております。 ..
Weblog: しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
Tracked: 2006-02-21 22:19

女系は既に断絶している
Excerpt:  今日は旧暦一月二十七日。睦月、霞はじめてたなびく。 「男系」とは「父方を遡さかのぼると神武天皇に行き着く方」であり、「女系」とは「母方を遡さかのぼると神武天皇に行き着く方」である。 「女系」はとうに..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2006-03-04 23:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。