2006年01月28日

センター試験〜教科書の記述が間違っていたという問題について〜

今日はもう一件。この記事に触れておかなければならない。

センター試験の政経の問題、類似の教科書が「間違い」

大学入試センター試験の「政治・経済」の問題に、高校の教科書に載っているものとほぼ同一のグラフが出題されたことが27日わかった。その教科書のグラフ自体が誤っており、教科書通りに解答して不正解になったと受験生が指摘して発覚した。同センターは類似グラフが教科書に使われているかどうか照合しなかったことを認めている。
この問題は21日に実施された「政治・経済」の第5問の問3。日・米・英各国の国内総生産(GDP)に占める公共投資の比率を表したグラフが、どの国のものか答えさせる内容だった。
しかし、これとほぼ同じグラフが04年度から使われている実教出版(東京都千代田区)の「高校政治・経済」に載っていた。しかも、米国と英国を逆に取り違えた内容で、文部科学省の教科書検定でも誤りを見過ごしていた。
センター試験後、受験生や高校教師から同社に「教科書通りに答えて不正解になった」と指摘があった。
同センターは、特定の教科書を学んだ生徒が有利にならないように作題するよう内規で決めている。しかし、これまで社会科に出題してきたグラフや表は、教科書に掲載されているかどうか調べていなかった。
同センターはどの教科書で学んだかに関係なく、今回の問題だけで正答を導き出すことは可能だとし、「不適切な出題ではない」と説明。正答した受験生に逆に不利益になるとして得点調整をしないことにした。
センターの月岡英人副所長は「誤った教科書の記述で不正解になった受験生がいれば誠にお気の毒だ」と述べた。今後はグラフなども点検するよう改めるという。ある科目の一つで、公民受験者(約32万7000人)の2割程度が選択した。実教出版の教科書は「政治・経済」を発行する11社のうち、05年度は2位の12.6%のシェア。全国で400校余の高校が採択している。

(平成18年01月27日 朝日新聞)




なんか変だな。とっても違和感を感じる。受験生諸君の気持ちも分からぬわけではないし書きたいことは色々あるけどとりあえず受験生の問題はひとまず置く。

少なくとも私が違和感を感じるのは,今回実教出版に「教科書通りに答えて不正解になった」と指摘した高校教師がいるという点である。だって,センター試験の正解を見て初めて気づいたんでしょう?

今回の教科書のミスをこうして表に出る前に見抜いていた高校の先生はどのくらいいるのだろう?こういうグラフ一つ示すにもそれなりの社会的背景や,この単元で強調すべき事項との関連があるのだろうし,そういう部分をきちんと理解した上で教科書が間違っているよと,生徒に説明していた先生はどのくらいいたのだろうか。教科書に書いてある内容をろくに理解もしないでそのまま生徒たちに読み聞かせるだけの授業を行っている先生はいないと,そう信じてはいるけれども。12.6%のシェアで全国で400校だもの。どうなのよ。

高校の先生から反論がほしいなぁ。
posted by ippei_kagurazaka at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。