2006年02月23日

学校を選ぶ基準〜国際性?〜

高校や大学は行きたい所に,かつ入れるところにという観点で選ぶのはごく当たり前の話です。しかしこの少子化時代,学校経営側もあの手この手と入学志願者集めに奔走します。そりゃぁ死活問題ですからね。受験生側から見ても,私の頃(何年前や?)とは違って今はそれほど競争倍率も高くなく,選択の幅も広くなっているように思います。学校を選ぶ際どういう視点で見れば良いかということを考えるとき,朝日新聞のこの記事は一つの題材を与えてくれます。

続きを読む
posted by ippei_kagurazaka at 13:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。